妻が無痛分娩で出産し、個室に入院したときの費用明細を公開

出産において、男女問わず、費用がいくら掛かるかというのは気になる方も多いのではないでしょうか。

妊婦健診などは市から補助が出ますし、出産一時金も42万円あるので、実際の費用はそんな掛からないよという声も聞きますが、それは通常分娩だった場合。

無痛分娩や個室に入院した場合の費用は、出産一時金の42万円では賄えなくなっており、病院や地域によってもだいぶ変わってきそうだったので、我が家で掛かった費用を参考までに公開します。

お世話になった病院

我が家は、群馬県前橋市の横田マタニティーホスピタルにお世話になりました。高崎、前橋で無痛分娩を希望した場合、選択肢が少ない中で評判のよかった病院がこちらの病院でした。

出産の費用

無痛分娩に掛かった費用

早速ですがこちらが会計時の明細で、合計 728,190円 でした。

出産の1日前に緊急入院をしているため、そちらについては保険が適用されていますが、基本的に出産は病気ではないということで保険適用外となります。

ここから、出産一時金が42万円引かれるので、退院時に約30万の現金を用意しました。(こう書くと生々しいですね…)

無痛分娩&個室だと都内や病院によっては100万近くなることもあると聞くので、場所によって費用はバラバラなんだと思います。

病室の費用について

入院する部屋については、

3人部屋 51万
2人部屋 54万
個室 61万
特別室 69万

というシンプルな価格設定で、個室を選びました。特別室になるとシャワーも付いていて、家族が宿泊した際の寝具も用意されているようです。

ただ注意点としては、部屋が空いていた場合に入れるということで、希望通りの病室に入れるかは定かではないそう。こちらは全国共通かと思います。

無痛分娩の費用について

無痛分娩は、通常分娩に+10万の費用と案内されており、そのとおりの金額でした。

正直この金額が高いのか安いのかは判断ができませんが、母子ともに健康でいてくれている今があるからこそ、十二分に価値のある費用だったと思う次第です。

夫婦で納得のいくお産でありますように

お産は母子ともに命がけで、正直お金がどうこう言っている場合ではない、と思うのですが、とはいえ現実として必要となってくるのがお金です。

無痛分娩や個室はプラスの費用となっている以上、言葉を選ばずに言えばオプションのようなものなのでしょう。何事にもオプションは付きもので、オプションを選ぶのかどうか、どのオプションを選ぶのかは、都度状況を考えた上で判断することだと思います。

ということで、一概にどんなお産がいいということはないと思うので、夫婦でよく話し合った上で、納得のいくお産が広がって欲しいなと。

ちなみに我が家の無痛分娩&個室の選択は、母子ともに健康という今があるからこそ、選択できてよかったことでした。無痛分娩については、色んな考え方、捉え方があるので言及することは控えますが、個室については選べるなら迷わず選んだ方がいいかと。

産後のダメージを負った身体で、周囲の人たちに気を遣いながら赤ちゃんとの生活が始まるってなかなか辛いことかと思いますので…宿泊もできる部屋であれば、パパも一緒に宿泊できると赤ちゃんとの暮らしを初日から始めることができるので、大変オススメです。