【育休日記51日目】赤ちゃんを連れて初めての外食へ

※本記事は、ただの日記です。

生後51日目、間もなく2ヶ月を迎える我が家の赤ちゃんですが、今日初めて赤ちゃんを連れて外食に行きました。子供が生まれる前は、夫婦で週に2~3回のペースで外食していたのですが、生まれてからは外食の機会が自然と減りますね。

赤ちゃんを外食に連れていってはいけない、という決まりはないのですが、なんとなく家のほうが落ち着くかなと行く機会を失っていました。

今日は義姉夫婦と甥っ子ちゃんも一緒だったので、勢いにまかせてじゃあ行くかと。義兄が産科医なので、義兄が大丈夫と言うならと背中を押された感は否めません(笑)

そもそも赤ちゃんはいつから外食OKなのか?

これもよく言う家庭によって赤ちゃんによってという情報ばかりで、特にいつからOKということはないようです。目安としては1ヶ月健診で外出OKの許可が出てからという認識が一般的なようですが、それよりも前に外食に行っている家庭も多いとのこと。

たまには外食したくなりますよね。

ということで、赤ちゃんが元気そうで外食先でお世話できる体制が取れればOKと認識しています。

お店選びは重要

今回は、目的地近くにあった「米沢亭」に行くことに。こちらのお店は、焼肉ランチを楽しむことができ、広々した店内に個室が整っていて、ゆっくり寛ぐところができるお店でした。

経験豊富な義姉いわく、ポイントはやはり個室であること

生後1ヶ月半程度の乳児であれば、基本寝ているので外食はそれほど大変じゃない、むしろ子育て期間の中ではラクな方。ただ授乳したり、オムツを替えたりすることがあるので、個室だと気兼ねなく対応もできるので個室がベストということです。

ベビーカーに乗せてという選択ももちろんありますが、突然泣いてしまったときときの対応が、やはり個室に勝るものはないなと思います。

赤ちゃん連れ外食の結果は?

薄暗い店内でおくるみに包まれ爆睡

初めての赤ちゃん連れ外食の結果ですが、個室のお座敷席でほぼ寝ていたので、ゆっくり義姉たちとランチすることができました。食後にちょうど授乳の時間になったので、ママに授乳してしまって、そのまままたぐっすりと。

思っていたより世話なく外食することができ、子連れ外食へのハードルが下がった出来事でした。

どっちかというと1歳8ヶ月の子供を抱える義姉たちの方が大変(苦笑)子供は動けるようになってくると、より目が離せないですからね…

子供がすやすやと寝て過ごしている時期に、たまには外食で羽根を伸ばしてもよさそうです。