【体験談】まるでホテル!?横田マタニティーホスピタルを選んでよかったこと

2019年8月、妻が前橋の横田マタニティーホスピタルで元気な男の子を出産しました。無痛分娩での出産となりましたが、母子ともに健康です。

誰しも母子ともに健康にいてくれることが何よりの願いかと思いますが、出産に伴い「どの病院で産むか」という選択を強いられることになるかと思います。とくに里帰りの場合、病院の見学ができなかったりするので病院選びは大変です。

※私たちは夫婦で育休を取得し、里帰り出産でした。

そんななか、ご縁があった横田マタニティーホスピタルは、ソフト面でもハード面でも充実したサポートを受けられ、産前産後ともに安心して過ごすことができました。

今後群馬県でお産を考える方に向けて、夫目線ですが、横田マタニティーホスピタルを選んでよかったことをご紹介できればと思います。

横田マタニティーホスピタルの概要

横田マタニティーホスピタル外観
横田マタニティーホスピタルの外観

群馬県前橋市にある産婦人科で、県内では珍しい24時間の無痛分娩の体制が整っていました。(※2019年8月当時)無痛分娩は、麻酔科の先生がいてくれる必要があり、深夜帯だと無痛分娩が対応できないケースがあるそうです。

所在地:群馬県前橋市下小出町1-5-22
電話番号:代表 027-219-4103
生殖医療婦人科専用 027-234-4135
小児科専用 027-219-4150
診療時間 午前 9:00~午後 1:00 午後 3:00~午後 6:00
休診日 日曜日・祝日 水・土曜日の午後
※分娩・急患の際はいつでも受け付けます
診療科目 産婦人科、小児科、生殖医療婦人科、麻酔科

公式サイトより

横田マタニティーホスピタルへのアクセス

県庁前の国道17号沿いに、群大病院の通りとぶつかったところの近くです。高崎からもそこまで悪くない立地でした。駐車場も多く用意されていて、利用しやすかったです。

病院内の雰囲気

お見舞いに来た親族たちが口を揃えて「ホテルみたいな病院だね」と言うほど、清潔かつキレイな院内です。

定期検診や産後の入院期間など、長くいる病院なので快適に過ごせるに越したことはないと思います。そんな視点で見ると、横田マタニティーホスピタルはとても快適でした。

1階 待合スペース:検診のときはここで待ちます。
2階ロビー:ナースステーション前にあるスペースです。
3階 ロビー:個室があるフロアのスペースです。来客があったときに便利でした。
3階個室フロアの廊下
随所にお花や絵が飾ってあって安らぎます。

横田マタニティーホスピタルを選んでよかったところ

出産を迎える病院において、赤ちゃんが無事に生まれ、妻も無事でいてくれることが何よりです。それだけでも選んでよかった理由になり得ると思いますが、それ以上によかったことをご紹介できればと思います。

看護師さん、助産師さんがとても親切

2階になるナースステーション。回診などの際、どのスタッフさんもとても親切

病院内の看護師さん、助産師さんがとても親切でした(涙)

初めての出産ということもあり、妻も戸惑うことが多かったと思いますが、どのスタッフさんも親切に対応してくださいました。ナースコールに対しても、丁寧に対応してくださり、入院期間中も安心して過ごすことができました。

また赤ちゃんを一緒にかわいがってくれて、「かわいいねー」「元気だねー」と満面の笑みで接してくれると、こちらも嬉しい気持ちになります。

病院の食事が本格的でとても美味しい

横田マタニティーホスピタルの病院食
病院で握り寿司が食べられるなんて…(涙)

横田マタニティーホスピタルは、病院食のインスタグラムがあるほど、病院食に力を入れているようです。

週に数回、スペシャルメニューがあり、フランス料理や和食御膳、握り寿司なども提供されています。付添いの人も一緒に楽しめるようにと1回チケットがプレゼントされるので、わたしも一緒に握り寿司を頂きました。

病院食を感じさせない料理の品々で、毎食美味しそうに食べる妻が羨ましかったほど。入院期間中、食事は楽しみのひとつなので、毎回栄養が考えられた美味しい食事を楽しめるという点はとてもよかったです。

個室が快適、宿泊もできる

宿泊もできる個室スペース

横田マタニティーホスピタルには、入院時に3人部屋、2人部屋、個室、特別室が選べます。病室により費用が異なるのですが、個室、特別室は付添の宿泊も相談可能です。

出産翌日には、部屋に赤ちゃんが来てお世話が始まりますが、個室だと周囲を気にせずお世話できるので、安心して育児に臨むことができました。

また来客があったときも、周りを気にせず談笑できたので、個室を選んでよかったと思っています。

※ちなみに付添の人の寝るスペースは、ソファです。

バースプランを尊重してくれる

出産に欠かせないマタニティーブック

ほかの病院でもあるかもしれませんが、横田マタニティーホスピタルでは出産前にバースプランというものを提出します。どんなお産にしたいのか、本人の希望をヒアリングしてくれるシートです。

我が家では、無痛分娩、カンガルーケア、立ち会いたい、音楽を持ち込みたいなど、事細かに希望を書いて提出しました。院内の関係者でバースプランを共有してくださっているようで、こちらの意向を尊重してくれる感じに好感を持ちました。

サポート体制が充実している

入院時に配布されるiPad

我が家では、24時間、無痛分娩に対応頂ける体制が魅力的でした。無痛分娩は、計画していても突然陣痛が始まってしまった場合、麻酔科の先生が不在で無痛分娩の対応ができない病院があります。

そんな中、横田マタニティーホスピタルでは24時間の無痛分娩を受け入れて頂ける体制が整っていて、安心して出産に臨めました。妻は、深夜、急に陣痛が来てしまい、お産が始まってしまったので、結果的に横田マタニティーホスピタルでよかったと思っています。

そのほか、入院中もiPadによる育児の情報配信があったり、部屋の清掃、哺乳瓶の取替、肌着の提供など充実したサポートを受けることができ、初めての育児だったので助かることが多かったです。

最後に

我が家のケースでは、日にちを決めた無痛分娩を予定していましたが、緊急入院し、予定日より早い出産となりました。

関連記事:【育休日記1日目】緊急入院からのスピード出産

そんな状況の中でも、無痛分娩、そして立ち会い出産など、こちらの希望に寄り添う形で対応頂くことができ、横田マタニティーホスピタルを選んで本当によかったと思っています。

妻曰く、もし第二子でお世話になることがあれば横田がいいなと。産後の入院期間を付き添った私としても、安心して過ごせる病院でした。

横田マタニティーホスピタル