【行ってきた】高崎にある木のおもちゃ屋さんMOMO-モモ-がめちゃくちゃ楽しい

群馬県高崎市にある木のおもちゃ屋さん「MOMO-モモ-」

おもちゃ大好きな義姉御用達のお店で気になっていたのですが、ようやく行くことができました。

おもちゃ屋さんってあるようでなくて、ベビザラスやアカチャンホンポも行ってみるのですが、なかなかこれだというおもちゃがないんですよね…(自分が欲しいやつですがw)

木のおもちゃってお値段が相応なので、赤ちゃんが生まれる前は遊べるなら何でもいいじゃんと思っていましたが、いざ子供が生まれて木のおもちゃを目の当たりにするとなぜか欲しくなる不思議(笑)

こちらの記事では、そんな我が家も気に入ってしまったおもちゃ屋さんをご紹介したいと思います。

TOYS&GIFT MOMOの概要

公式ホームページ: https://www.momotoys.jp/

住所:〒370–0074 群馬県高崎市下小鳥町463−1
営業時間:11:00 -18:00
定休日:火曜・第3水曜日
Tel&Fax:027-362-3508

https://www.momotoys.jp/store-information/

お店のホームページを見て頂けたら分かると思いますが、スタッフさんたちの想いがめちゃくちゃ込もっているお店で、ホームページを見ているだけでワクワクしてしまいます。

実際に行ってきた

お店の外観

実際にお店を訪ねてみました。

もうホームページの情報のまんまというか、詳細に情報を公開されているので、行ってみてのギャップが全くありませんでした。もうこのページみるだけで、かなりの情報量が掲載されています。

それでもやはり行ってみて感じる発見があったので紹介します。

スタッフさんがとにかく丁寧で親切

店長さんを始め、スタッフの方がとにかく丁寧で親切で温かいです。

子供の発育に合わせておもちゃを選べるようになっていて、一点一点丁寧にオススメしてくれます。

例えば今回我が家ではモビールを購入したのですが、「動物」か「乗り物」を迷ったので2個買っちゃおうと思ったのですが、しっかり制止してくれました(笑)

日中過ごす部屋に1つあれば基本的には十分なので、残りの予算でほかのおもちゃを買ってあげてくださいと丁寧なアドバイスが。無理に売らないスタイルの接客にとても好感を覚えました。

木の温かみが購買意欲をそそる

我が家で購入した動物のモビール

先に書いた通り、木のおもちゃにそこまで惹かれてなかったのですが、実物を見ると気持ちが変わります…

店内は、所狭しと木のおもちゃがディスプレイされていて、オシャレな感じに空間が仕上がっています。するとこんなのが部屋にあったら、インテリアとしても素敵だなと、購買意欲を刺激され(笑)

赤ちゃんは、まだおもちゃで遊べない状態にも関わらず、あれもこれもと欲しくなるのです。やっぱり実際に、店舗でモノを見て選べるところが素晴らしいですね。

おもちゃで遊べる

体験コーナーもあります

MOMOの特徴として、店内で遊べるというのも特徴なのではないでしょうか。お店の中には、サンプルでたくさんのおもちゃがあり、子供はおもちゃで遊べます。

そして、それをよしとする空気感があり、義姉たちは2~3時間遊んでしまうこともあるのだとか(笑)

確かに楽しそうな店内で、子供だったらたまらない空間だろうなと。ついついわたしもおもちゃに手をかけてしまいましたが、だいぶ童心がくすぐられました。

高崎で遊べる木のおもちゃ屋さんといえば

所狭しと並ぶおもちゃたち

MOMOは、お店自体がおもちゃで埋め尽くされた子ども部屋のようで、子供はもちろん大人でも楽しめるお店だと思います。

またお店でイベントやワークショップなども定期的に開催されているようで、常に新鮮な情報を発信し続けているお店なんだなと。

ちょうどPayPayなどのキャッシュレスが話題になっているときに来店しましたが、しっかりキャッシュレスも対応しており、ホームページを見るだけでも情報感度の高い方々が運営しているんだろうなと伝わってきます。

そんな遊べる木のおもちゃ屋さんMOMO-モモ-。チェーン店では見つからないお気に入りのおもちゃが必ず見つかると思いますので、ぜひ足を運んでみてください

と、義姉も言ってました(笑)