【行ってきた】お座敷のある伊東屋珈琲高崎店が居心地良すぎる

伊東屋珈琲高崎店

子供が生まれると、お店を選ぶ際にそれなりに気を遣います。

席の種類だったり、個室があるかだったり、子供がいて問題ない雰囲気かどうかなど、子連れ特有の悩みがあるのではないでしょうか。

そんな背景のもと、高崎市内にある伊東屋珈琲高崎店が子連れでもとても居心地がよく、寛げたので行ってきた記事として、ご紹介したいと思います。

伊東屋珈琲について

伊東屋高崎店の入り口

伊東屋珈琲は、桐生市に本店を構えるスペシャリティコーヒーの専門店です。桐生市内に2号店があり、先日はそちらのお店で開催されるマルシェに参加してきました。

Itoya coffee factory 外観

【行ってきた】桐生の伊東屋珈琲2号店で開催される水ようの仲町マルシェが賑やかで楽しい

伊東屋珈琲高崎店は、大正時代の町屋造りの薬局をリノベーションして生まれた店舗ということで、1階が珈琲店に、2階が会員制のソーシャルリビングとして使われているそう。

車でのアクセスがオススメですが、提携する近隣のパーキングに駐車するとサービス券を発行して頂けます。

伊東屋珈琲高崎店での様子

珈琲店の様子

店内に入ると、薬箱のような昔の薬局を彷彿する場所にオーダーカウンターが設けられています。

引き出しは薬箱?

またスペシャリティコーヒー専門店ということで、豆の販売も行っていて、珈琲関連の商品やギフトなども取り扱われていました。

店内をさらに奥に進むと、お座敷にテーブルが3つ用意されていて、3組まで利用可能な小上がりが。

このお座敷席がとにかく居心地いいのです!

居心地のいいお座敷席

利用した時間帯もよくほかにお客さんがいなかったため、子連れでも安心して寛げました。とくに乳児の場合は、こういうお座敷席だと近くに寝かせておけるので安心です。

時間を忘れて、ゆったりと寛ぐことができました。

暑い日だったのですっきりしたアイスコーヒーを
珈琲ゼリーとソフトクリームの組み合わせも最高

ソーシャルリビングの様子

せっかくなので、2階のソーシャルリビングも覗かせてもらうと、リノベーションならではの味のある空間が広がっています。

歴史を感じる階段を登っていきます

2階が会員制のソーシャルリビングです。

窓に向けた様子
センスのよいインテリアたち

会員制ということで会員の方が利用できるスペースのようですが、Wi-Fiも完備されていましたし、コワーキングスペースのような使い方ができるのではないでしょうか。

窓際のスペースは居心地良さそう
窓際から奥に向けた様子

一人で寛げそうな席も用意されていて読書をしたり、考え事したり、ひとり時間を楽しむにはピッタリな空間でした。

足を伸ばして寝たい(笑)
サイドテーブルがいい感じ

伊東屋珈琲高崎店の気に入ったところ

とにかく、小上がりになっているお座敷スペースが居心地いい。

そして昔の薬局をリノベーションした空間ということで、和テイストな感じが温かみを感じさせ、よりよい寛ぎ空間を演出している気がします。

隠れ家感のあるカフェなのでそこまで混雑している印象もなく、こだわりのコーヒーをゆったりと楽しめる場所ではないかと。

せっかくおいしいコーヒーを飲むのであれば、ゆっくり寛ぎたい…こういう隠れ家感のある穴場カフェは貴重ではないでしょうか。

以上、伊東屋珈琲高崎店に行ってきた、でした。

伊東屋珈琲高崎店: https://itoyacoffee.com/shop/takasaki/

後日談

ちなみにスタッフの方に教えてもらって再訪したのですが、伊東屋珈琲高崎店の奥には、週に2回しか営業しないというアンフルティエールというケーキ屋さんがあります。

興味のある方はこちらのお店もチェックしてみてください。

人気のケーキは予約で完売してしまうとのこと