【育休日記68日目】ベビーバス卒業!お風呂デビューしました。

※本記事はただの日記です。

本日ベビーバスを卒業し、お風呂デビューしました。今までベビーバスで沐浴をしていたのですが、大人と同じ浴槽でじゃぶじゃぶ始めた日ということです。

沐浴が最高のアクティビティだと思っていたのですが、一緒にお風呂はそれ以上の楽しさで、のぼせるほど幸せを感じるのでした(笑)

その様子を見た妻は、明日から順番ねということで仲良くお風呂タイムを取り合いに。微笑ましい日常でございます。

沐浴はいつまで問題

そもそも沐浴は、赤ちゃんを雑菌から守るという意味でベビーバスを使って行うようなのですが、厳密にこうじゃないといけないというルールはありません。

※育児全般こうじゃないとというのはありませんが…

義母によると妻は、最初から大人と同じ浴槽だったようですし(笑)

目安としては1ヶ月健診が過ぎてからと言われているものの、各家庭の事情によってさまざまなのだとか。

我が家がベビーバスを卒業しなかった理由

沐浴楽しい…

我が家では、それこそ1ヶ月を目処に卒業してもよかったのですが、ベビーバスでの沐浴ルーティンに慣れていましたし、お風呂のタイミングが日中だったので、なかなかシフトしていませんでした。

また夫婦でも浴槽に貯めずシャワーだけの日々が続いていたので、きっかけがなかったこともあります。

夜は冷え込む季節になりましたし、浴槽に貯めるようになってきたのでじゃあそろそろって感じで、ベビーバス卒業に至りました。

お風呂大好きな赤ちゃん

すいーっと浮いてます。すいーっと。

我が家の赤ちゃんは、お風呂が大好き。沐浴のときから、入浴中に泣いたことは一度もありません。泣いているときに入浴すると、むしろ泣き止むという。

ちゃんと気持ちの良いことを理解しているようで、入浴中はとても気持ちよさそうな表情をします。

それは、大人のお風呂になっても健在。むしろ浮力が加わり、より気持ちよさそうです。

こんなアイテムをゲットしたので、慣れたら使いたいなー。悶絶級にかわいいこと間違いなし…(笑)

今日も赤ちゃんはスクスク育っています。