【体験】1歳2ヶ月と初めて行くコロナ渦のディズニーランド

先日家族で東京ディズニーランドへ行ってきました。

1歳2ヶ月になる息子はついにディズニーデビュー!

2020年11月現在、まだまだコロナ渦ですがGOTOトラベルなども盛り上がっており、本旅行もGOTOトラベルを利用。

1歳2ヶ月と行くディズニーランドは、妻と2人で行っていたときとまた違った世界を魅せてくれ、魔法の国らしい体験をさせてもらいました。

こちらの記事では、我が家のディズニーデビュー体験の記録と1歳2ヶ月を連れるにあたり抑えておいたほうがよかった反省も記録しておきます。

1日目:葛西臨海公園&ディズニーアンバサダーホテル

葛西臨海公園へ

葛西臨海公園
展望台へ向かう道@葛西臨海公園

前日入りの翌日ディズニーランドということで、朝イチ群馬から千葉方面に向かいます。

日を追うごとにあんよが上手になっている我が子が思う存分遊べる場所へ行きたいということで、近くの葛西臨海公園へ。

水族館は残念ながら休園日でしたが、遊具があったり、広々した芝生エリアがあったりと、子どもが大喜びの公園でした。

はい!いきます!!
たのしいたのしい
いーい写真だ(笑)

特にパークライフカフェというハワイアンレストランが、子連れに利用しやすい造りになっていてとてもよかった。

コロナでキッズスペースは閉鎖されてしまっていましたが、子どもイスもたくさんあって授乳室があったりと非常に配慮されたお店です。

パークライフカフェ外観
パークライフカフェ外観
パークライフカフェ内観
パークライフカフェ内観

天気もよくて気持ちよかったなー!

はがっ!

ディズニーアンバサダーホテルへ

ディズニーアンバサダーホテルロビー

午前中は目一杯遊んで、14時過ぎにホテルへ向かいます。

今回のホテルはなんとディズニーアンバサダーホテル!偶然にも予約が取れたんです(涙)

初のディズニーホテルへの宿泊ということで、到着前からワクワク!

チェックインカウンター

車で寝入ってくれた息子を抱えてアンバサダーホテルへチェックイン。

ロビーには金ピカなミッキー

ロビーはもちろん、部屋にもいたるところにミッキーやディズニーのキャラクターが迎えてくれて、テンション上がるホテルでした。

イクスピアリで夕食&買い物

夕方息子氏が起きてからは、隣のイクスピアリで買い物&夕食を。

夕食で寄った中華料理のお店「青龍門」は、リーズナブルでボリュームもあり大満足の夕飯を楽しめました。

気分よく3人で乾杯!

カメラ目線が定まってない息子氏

2日目:ディズニーランド

シェフミッキーでモーニング

シェフミッキーはビュッフェスタイル

翌日は朝から贅沢にアンバサダーホテル内のシェフミッキーへ。

予約が取れないということで有名ですが、コロナ渦でキャラクター出演がないことや予約を制限しているであろう背景を鑑み、ラッキーなことに予約することができました。

ミッキー型のパンケーキにハマる(笑)

本来はビュッフェスタイルですが、スタッフの方が取り分けてくれたり、小分けにされラップされていたりとだいぶ細かい配慮が。

おかげさまで安心してモーニングを楽しめました。

いざディズニーランドへ

わくわくわくわくわくわくわくわく

食後は準備を整えパークへ。

それにしても子連れだといろいろと時間が掛かります、、9時30分ころ食事を終えすぐ向かえるかと思えば、なんだかんだ11時です(笑)

園内に入るとディズニーランド特有の空気感が高揚感を高めます。

シンデレラ城の前で、鼓笛隊が演奏していて食い入るように立ち止まる我が家。子どもが生まれてからというもの、こういった生演奏には足を止めてしまいますね。

ディズニーランドの雰囲気を楽しむ

ミッキー&フレンズのキャッスルグリーティング

前は朝から晩までいろんなアトラクションを乗り倒す楽しみ方をしてきましたが、1歳2ヶ月を連れているとそうもいかず、ただただ園内の雰囲気を楽しむという楽しみ方になりました。

でもそれが本当に楽しい!

初めてバルーンを買う(笑)

子どものペースに合わせながら、お散歩したり食事をしたり。

今までの楽しみ方であったアトラクションを乗り倒すということをしなくても、園内の雰囲気と子どものリアクションを見ているだけで楽しめるなと。

キャラクターともソーシャルディスタンス

小さい頃はよく両親がディズニーランドへ連れてきてくれましたが、その気持ちが分かる感じでした。

雑踏のなか構わずハイハイ

初めての乗り物はビクビク

お昼のあとはお昼寝

園内での過ごし方は、ほぼほぼ散歩。

アトラクションはハニーハント、イッツ・ア・スモールワールド、ピノキオの3つに乗りましたが、どれもビビってました(笑)

そりゃそうですよねーと思いつつ、ビビる我が子の反応を夫婦で楽しんだり。

夢の国を満喫

暖かい日で天気も最高!

夜はなんだかんだ8時くらいまで。

普段8時前には寝る息子氏にとってはちょっと夜ふかし気味。

でも帰りの車に乗った瞬間爆睡してくれたのでちょうどよかったかなと。

1歳2ヶ月の子どもとでも、休憩しながら午前から午後まで十分楽しめるディズニーランドでした。

反省点

初の子連れディズニーで困ることや大変なこともあるかと思いましたが、特段困ったことは起こらず、日常の準備で十分間に合う一日でした。

ただ一つだけ、、

レストランは事前予約すべきだった

レストランは事前にネットから予約しておくべきだったなと。

以前は入園してから当日予約で予約できていたと思ったのですが、IT化も進みネットのみで受け付けているとのこと。

ディズニーオンライン予約・購入サイト

そして残念ながら上記のサイトが繋がりづらい。。。

たまたまだったかもしれませんが、せっかくの園内で携帯とにらめっこしている状態はなかなかのストレスだったなと。

もちろんファストフード系でも食べられますが、やはりレストランのほうがゆっくり子どもと一緒に食事を楽しめるので、次回からは事前に予約を済ませて行こうかなと思います。

ディズニーデビューの総括

ライトアップのシンデレラ城

我が子を連れての初ディズニーだったわけですが、総じて最高の体験だったなと。

帰ってからの余韻も強く、また行きたいという気持ちが溢れかえってます。

コロナ渦で入場制限していて、混雑具合もちょうどよかったのかも。

さすが夢の国。

夢が解けかけていた30代にまた新たな魔法をかけてくれたとさ(笑)