【行ってきた】群馬県民の日にサファリパークに行くとかなりオトク!

群馬サファリパーク

群馬県民には、毎年10月28日に群馬県民の日という祝日があります。

※由来や10月28日に決定した理由もあるので、興味ある方はこちら→ https://www.pref.gunma.jp/01/c0110031.html

群馬県民だったら誰しも知っていることなのですが(義姉に教えてもらった)、群馬県民の日は、さまざまな施設でオトクな特典を受けることができるのです。

そんな素晴らしい日に義姉のお誘いを受け、1歳7ヶ月の男の子がいる義姉家族と群馬サファリパークへ行ってきました。

こちらの記事では、2019年度群馬県民の日の群馬サファリパークの様子とともに、当日のレポートを書きたいと思います。

群馬サファリパークの概要

画像:群馬サファリパークHPより

サファリパークは、「ほんとに、ほんとに、ほんとに、ライオンだー♪」の富士サファリパークが有名ですが、ここ群馬県にもあります。

広大な園内にはたくさんの動物が飼育されていて、専用のバスや自家用車で園内を回りながら動物と触れ合うことができる施設です。

ジャングルの王者であるライオンやゾウ、キリンなど大型動物たちも多数放し飼いされていて、車の近くまで動物たちが寄ってくることも。ここでしかできない珍しい体験ができるとのことで、各地から動物好きが集まります。

群馬県民の日の特典

通常入園料は大人2,700円(税込)なのですが、群馬県民の日当日は、なんと大人1,000円(税込)に!

2019年時点の情報なので、また来年がどうなるかは不明ですが、かなりオトクに入園することができました。

群馬サファリパークに行ってきた

当日は、高崎方面から群馬サファリパークへ。下道で行っても40分弱という市内からもアクセスしやすい立地に位置しています。

途中、妻が行きたいと願っていたバイマイというタイカレー屋さんに立ち寄りました。ベビーカーもOKとのことで、子連れでも利用しやすいお店でした。

バイマイの3種盛り

バイマイから15分程度で、群馬サファリパークへ到着。午後の出発だったので、到着は既に15時。大体のバスが終了しているなか、最終のバスに駆け込みました。自家用車でサファリ内を移動することもできるのですが、初心者なのでバスを選択します…

大体バス終了…
サファリの楽しみ方がこちら

県民の日の来場としては、実は最適な選択をしたなと思っていて、この時間だとだいぶ空いていました。1本前のバスは満員が続いていたそうですが、さすがに最終は空き空きです。

いつ泣き出すか分からない2ヶ月半の赤ちゃんを連れている身からすると、空いているバスは大歓迎でした。

お世話になるサファリバス
最終便のため空き空きなバス内

それではバスに乗り込み出発します。立派なゲートをくぐるとそこにはさっそく動物たちが放し飼いに…

サファリパークは小さい頃に行ったはずなのですが、記憶がなくなっていたので、ああこういうシステムだったかと改めて感動しました(笑)

立派なゲート、ワクワクしますね
さっそくキリンさんが迎えてくれました

ゲートをくぐるとそこには動物たちの世界が広がっていて、お邪魔しますという気持ちになるほど自然に馴染んでいます。

授乳中のシマウマに我が子の姿を重ねてみたりみなかったり…
サイ、かっちょいいですよね
アメリカエルクという動物が男心をくすぐります…いいツノ…

そんな園内を車で案内してもらっていると、辿り着くのは、ウォーキングサファリ。その名の通り、一旦車を下車して、歩いて動物たちを触れ合うことができます。

もちろん危険な動物は、柵内にいる状態ですので安心です。

フラミンゴが迎えてくれました
どこにどんな動物がいるのか、かわいいマップあります
エサやりもできちゃう

ウォーキングサファリの奥のほうに行くと、チーターやトラなど柵内じゃないと危険な動物たちを見ることができました。

なんともスマートなチーターさんです…

1歳7ヶ月になる甥っ子は、めーめー(羊)との戯れに夢中で、爆裂かわいい(笑)

めーめーに話しかけて逃げられる甥っ子の図

そんなウォーキングサファリを堪能し、バスに乗って後半戦へ。後半戦には、ジャングルの王者であるライオンやベンガルタイガーなど肉食動物たちと遭遇することができました。

サービス精神旺盛なライオンさん

そして駐車場に戻り、時刻は17時。15時30分に出発したバスだったので、所要時間は大体1時間30分程度でしたでしょうか。の割に、体感としては2~3時間遊んでいた気持ちになり、濃い時間を過ごせたのだなと思います。

今回は、最終便のバスで閉園間際だったので、ゆっくりできませんでしたが、ウォーキングサファリでもっと遊んだり、もっとゆっくり遊べる場所だなという印象でした。

子連れでサファリパークに行っての感想

終始爆睡の我が子

サファリパークは、子供と一緒に行くと大喜びしてくれる場所ですね。普段遭遇し得ない(したら困る…)動物たちに会うことができて、触れることができたりと、子どもたちは大興奮なはずです。

1歳くらいなのでしょうか、ある程度子供が動物に興味を持ち始めた頃に行けると楽しいと思います。2ヶ月半の我が子は、終始爆睡でしたので(笑)

群馬県民の日だと入園料もオトクに入園することができ、行けてよかったと思います。当然混雑する日となるので、時間帯などはずらせるならずらすとスムーズかなと。

まだ行ったことのない方は、ぜひ群馬サファリパークへ行ってみてください。

群馬サファリパーク: http://www.safari.co.jp/