初めて子どもを預けて妻と映画デートをした日のこと

今日で息子は1歳と158日目ということで、1歳6ヶ月目に突入。

ここ最近更新が途絶えてしまっていましたが、家族ともどもとっても元気です。

そんな中、初めて息子を預けて妻と映画デートに行く機会に恵まれました。

預け先は…

徒歩30秒の実家でほぼ毎日のように顔合わせているばーば(笑)

ちょっとした用事で小一時間見ててもらうことはよくありますが、映画を観れるくらいの時間を預けるのは初めて。

というか、妻と二人で日用品の買い物とかではなく、デートするのが本当に久しぶり!

そんな日の記録を書いておきたいと思います。

ばーばに預けて行ってきます

ばーばと遊ぶのも慣れっこ

人生で初めて3~4時間パパママと離れる息子。

だ、大丈夫だろうか…

過保護にもほどがある父親の本心です(笑)

パパママが一斉にバイバイする様子に一瞬不安そうな表情をするものの、ばーばに抱っこされて見送ってくれました。

まあそりゃ平気ですよね(笑)

しょっちゅう顔合わせているばーばだし、そもそもばーばのほうが子育ての経験値高いですし…

ただ身内に預けるとしても初めてのときは心配でした。

なにが心配って泣き止まなくなって周りも困ってしまったときにパパママがいれない状況が心配だなと。

ただこうやって言語化すると、例え泣き止まなくなっても死ぬわけじゃないし、本当に困ったらSOS出してくれるだろうし、心配する必要もないんだよなーと思うわけです…

久しぶりのデートはドキドキする

いかないでくれー、、とは言ってないきっと(笑)

そんなこんなで久しぶりに妻とのデート。

ちょっと普段着ないジャケットを着て出発。在宅勤務の昨今、いかにジャケットを着ていないかが晒されました…

妻と映画に行くという道中は、いつもの車内にも関わらず実はちょっと緊張していたり(笑)子どもが車内にいないだけで、こんな空気感って変わるもんだなーと。

ただ今回のデートは本当に映画を観ただけだったのであっという間。

※サムネイル画像は45ヶ月目の記念日ランチのときの写真w

本当は映画を見て、夫婦みずいらずでランチでもとも思いましたが、今回は初めての留守番ということで早々に帰宅。

状況的には全然ランチもできたと思いますが、息子が気になってしまい一目散に帰路を目指していたのがわたしです(反省)

貴重な子どもといられる時間

まだまだ泣き虫さん

ということで、初めて子どもを預けて長時間(といっても、3~4時間)のお出かけをしたわけですが、結果的には何も問題なかったなと。

たのもしいなー息子よ(笑)

これで預ける耐性が付いたので、今度は妻とランチでもゆっくり行きたいなと思っています。

さてそんな我が子は今年の4月からは保育園へ、週イチに近いペースで遊んでいる甥っ子姪っ子たちも幼稚園に通い始めます。

「子どもと一日中いられる時間なんてあっという間よ」

ふと母が言った言葉に寂しさやら嬉しさやら複雑な心境になりました。

1年間の育休期間もありましたし、在宅勤務という仕事環境もあって比較的息子と長い時間を過ごしているわけですが、保育園とかに行き始めるとそういった時間も減るんだなと。

喜ばしいことですが、寂しい気持ちもあり、できるだけ一緒にいる時間を満喫するよう日々を過ごしたいと改めて思うのでした。

ばーば、預かってくれてありがとうー。