あゆみ保育園のクリスマス会に4ヶ月の子供を連れて行ってきた

先日前橋にあるあゆみ保育園のクリスマス会に4ヶ月の子供を連れて参加してきました。

こちらのクリスマス会は、事前予約をすれば外部の家族でも参加できる行事。

ピアノのコンサートもプログラムに組み込まれているとのことで、貴重な機会だと思いありがたく参加させてもらいました。

最近たまにお世話になるあゆみ保育園での行事でしたが、こちらの記事ではクリスマス会の様子を書いておこうと思います。

初めて保育園の赤ちゃん教室に参加して感じたパパの本音

あゆみ保育園のクリスマス会について

あゆみ保育園で開催されている「子育てひろば・あゆみ」は、地域子育て支援事業として厚生労働省の委託を受けているようで、無料で参加できる活動が行われています。

毎日のようにプログラムが組まれ、今回は12月ということでクリスマス会が開催されていました。

園に通う家族以外でも参加できるプログラムということで、子連れにとってはありがたい機会をたくさん提供してくれている園です。

前橋市地域子育て支援センター: https://www.city.maebashi.gunma.jp/kosodate_kyoiku/2/4/2/11015.html

あゆみ保育園のクリスマス会の様子

あゆみ保育園に着くと、続々と子供連れの家族が集っていました。土曜日だったこともあり、パパママで参加する家族も多かったです。

本日のプログラムはこちら。

ピアノコンサート→大型紙芝居→手遊び→劇というプログラム構成になっていました。

クリスマス会のプログラム

さっそくピアノコンサートが始まります。

こちらのピアノコンサートは、もともとあゆみ保育園に通っていたママが園にこういうことできるよという流れで開催されているコンサートとのこと。

子連れでなかなかコンサートに参加できなかったという悩みを解決したい、ぞんなママたちの想いが詰まった素敵な企画でした。

ピアノ二重奏でのコンサート

曲の選曲もよく聞く曲や子供たちも知っていそうな曲が選曲されていて、あっという間に時間が過ぎていきます。

我が子もゆびをしゃぶしゃぶしながら、演奏に聞き入っていました(?)

ちゃんと聞いてますとも

会場には布団が敷かれていて、乳児を寝転がせるスペースもあります。

保育園ならではの配慮だなと感動していたのですが、さっそくお友達も遊びにきてくれたりと、快適なスペースを提供してくださっていました。

赤ちゃん同士の絡みって微笑ましすぎる(笑)

演奏が終わると、次は「わたげの会」という団体の演劇や紙芝居が始まります。

大型紙芝居というプログラムは、初めての体験だったのですが大きな絵本ってあるんですね!

大きな大きな紙芝居

そして特に印象に残ったプログラムが劇。

大きなかぶを引っこ抜くお話なのですが、陽気なリズムと演者さんの楽しそうな雰囲気に惹き込まれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。

かぶをみんなでひっこぬく!

「おじいーさんがまーいた、かぶのタネから~♪」というようなリズムに合わせて物語が展開され、いまでは日常で口ずさんでしまうほど(笑)

噛み締めて笑っています(笑)

プログラムの終盤にはなんとサンタさんが登場!

人生初サンタに我が子も足をバタつかせてい…たはず。

まさかのサンタ登場

最後にサンタさんからプレゼントを頂き、会は終了へ。

こんな充実したプログラムに無料(プレゼント代別途200円)で参加できるということで、市の支援も充実しているな、ありがたいなと思うのでした。

かわいいミニトートバッグ

初めて保育園のクリスマス会に参加して

手遊びをぜひたくさん覚えたい

こういった保育園でのクリスマス会は初めてでしたが、思い切って参加してよかったなと思います。

なにより保育園は入園していなくても利用できるという事実が個人的には新鮮でした。

わたしの幼少期は幼稚園に通っていたので、入園前から利用できるという概念がイマイチ理解できていなかったのですが、保育園は入園前でも開けた場所なんだということがこの機会に理解できました。

知っている人にとっては当たり前のことかもしれませんが、意外と知らない人もいるのではないかと。

今回はご縁であゆみ保育園を利用させて頂きましたが、また機会があればいろいろな場所に出向いてみたいなと思っています。

あゆみ保育園のみなさま、関係者のみなさま、素敵な機会をありがとうございました。