【見てきた】実写版アラジンが想像以上によかった話

先日実写版アラジン(吹替版)を観てきました。

公開されてからだいぶ経ってから観に行ったので、スクリーンは小さめスクリーンでしたが、それでも子供を中心に会場は賑わっており人気の高さが伺える作品です。

アニメ版のアラジンは、ちゃんと観た記憶がないなかでの鑑賞でしたが、すっかりアラジンファンになり、そしてディズニー実写版をほかにも観てみたいと思うほど、魅力的な内容でした。

もうまもなく公開終了となってしまうと思いますが、「実写版ってどうなんでしょ、、」とちょっと斜に構えてしまっている方はぜひご覧になって欲しい作品だなと思います。

どんな映画か

ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、 “3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。
果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか──?

公式サイトより

「もし願いを3つ叶えてもらえるとしたら何を願うだろう」

そんなワクワクを問いかけてくれる映画だなと思います。身分の違いがあるふたりが恋をして、嘘偽りのない本当の自分をさらけ出すことで、ハッピーエンドに向かう素敵な物語。

“願いが叶う”という誰もが憧れるような世界観が描かれていて、 ワクワクしながら家族で楽しめる物語だと思います。

実写版でよかったところ

ジーニー役のウィル・スミス氏がハマっている

画像出典

アニメ版でもユニークで愛くるしいキャラが人気なジーニーですが、実写版でもウィル・スミス氏の役回りがハマり役で最高でした。

アニメ版ジーニーのイメージは強いですが、実写版でも違和感なく、ユニークなキャラが立っていて爆笑ポイントがいくつも。

静かな映画館内に笑いが溢れるシーンも多々あり、実写版で存在感を放っていました。

音楽が本当に素敵

ディズニーの音楽は馴染みがあって、改めて聞くといいですねー。

物語は、ミュージカル調に進むので、登場人物が歌いながら展開するシーンがあるのですが、思わず聞き入ってしまいます。

この音楽もディズニーの世界観を演出する上で欠かせないものなんだろうなと、素人ながら感動していました。

大切な学びがある

ディズニーの物語は、生きていくうえの学びが詰まっていることで有名ですが、原作を忠実に再現する実写版でも学びがリアルに表現されていました。

「人を支配しようとしちゃダメですよ」
「欲張っちゃダメよ」
「嘘ついたりしちゃダメですよ」
「友だちを大事にしようね」

などなど、悪をも描くことで、悪の末路や正直に生きる大切さなどがストレートに伝わってきます。

実写版アラジンオススメです

実写版には賛否両論集まることが多いかと思いますが、アラジンに関しては実写版とてもよかったです。

・アラジンの物語が好きな人
・ディズニーの世界観が好きな人
・ミュージカル調の映画が好きな人
・ウェルスミスのジーニーを観たい人
・映画を観てワクワクしたい人

そんな人たちにオススメできるかなと思いました。もうまもなく劇場公開は終了してしまうかもしれませんが、ほかの手段で機会があれば、ぜひご覧になってみてください。

実写版アラジン: https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html